プレビュー動画制作サービス

mark_title 『プレビュー動画』とは

動画は、テキストや静止画に比べて圧倒的に多くの情報量を短時間で伝えることができます。
例えば、1分の動画で180万字相当の情報量を伝えることができる、あるいは、動画はテキストや静止画に対して5,000倍もの情報量を伝えることができる、とも言われているほどです。

そこで、ホワイトペーパーなどのダウンロード資料に対するコンバージョン率アップを目的とした『プレビュー動画』の活用を提案しています。このプレビュー動画は、対象のコンテンツがユーザー自身の求める情報かを確認するのに必要以上の時間をかけない傾向に応じて、コンテンツの概要を”30~40秒“程度で構成したちょい見せ動画となります。

この”30~40秒“の動画としているのは、10~20ページ程度のホワイトペーパーがユーザーの求める情報かどうかを見極めるのに必要十分な時間であることに加えて、ある企業の調査によると、1分以内の動画ならエンゲージメント率(平均して全体の何%まで視聴されるか?)が70%を超えるというデータもあるからです。

※動画マーケティングにおけるプラットフォーマーであるWistia社による調査
https://wistia.com/learn/marketing/optimal-video-length

 

button_contact

 

mark_title 『プレビュー動画』を活用するメリット

『プレビュー動画』を活用するメリットとして、大きく5つが挙げられます。

1)テキストや静止画に比べて情報量が多い
先述の通り、1分の動画で180万字相当の情報量を伝えることができる、あるいは、動画はテキストや静止画に対して5,000倍もの情報量を伝えることができる、とも言われている。

2)ユーザーの満足度を高められる
より短時間で必要な情報を得ることができる。この場合、ダウンロードしようとするeBookが、ユーザー自身にとって期待する情報かどうかを見極めることに役立つ。

3)効果検証がしやすい
効果測定ツールを利用することで、動画がどんなユーザーに視聴され、コンバージョンに寄与したのかなどを分析できる。例えば、効果指標として「総再生数」「視聴率」「1回あたりの平均視聴時間」「再生率」などがある。

4)間接的ながらSEOに貢献する
動画掲載の有無が検索順位に直接影響することはない、というのが多くの専門家の見立てではあるものの、動画がWebサイトのページに掲載されることで、精読率や回遊率の向上、動画検索からの流入、被リンクの獲得といった効果を得られることがあり、間接的にSEO強化につながる。

5)SNSとの相性がよい
動画それ自体が、FacebookやInstagram、TwitterといったSNSとの相性がよく、投稿あたりの情報量を最大化できる。また、ユーザーに評価されれば、リツイートやシェアにより拡散される可能性もある。

 

mark_title コンバージョン率アップを目的とした『プレビュー動画』の制作例

弊社がこれまでに制作した『プレビュー動画』を幾つか紹介します。
※クライアントに納品済みのものは、画像をクリックして掲載元をご確認ください。(リンク切れの場合はご容赦ください)

①BtoBの会員サイトを構築・活用するために押さえておくべき6つのステップ [STSD株式会社]

②ポストコロナの2021年 自社ECサイトの課題とは? [株式会社シナブル]

 

③弊社が配布しているホワイトペーパーに対する『プレビュー動画』

 

④弊社が配布している調査レポートに対する『プレビュー動画』

 

⑤事例コンテンツ制作のサービス概要を伝えるショート動画(※ご要件によっては、こうした動画の制作も可能)

 

button_contact

 

関連商品

  1. SEO記事・コラム制作サービス

    ターゲットとの接点を増やし、製品/サービスの認知度アップやニーズ喚起を行います。

  2. 調査レポート制作サービス

    認知拡大や見込客の獲得を後押しする調査レポートの制作と活用支援を行います。

  3. ホワイトペーパー制作サービス

    見込客の獲得/育成を実現するホワイトペーパーの制作と活用支援を行います。

  4. 事例コンテンツ制作サービス

    目的に応じた事例コンテンツの制作と活用支援をワンストップで行います。

ページ上部へ戻る