事例コンテンツ制作サービス

mark_title「事例」は押さえておくべきキラーコンテンツ

B2B(BtoB)企業に限らず、導入事例などの「顧客の声」はマーケティング上(セールスにおいても)のキラーコンテンツであり、工数やコストを費やしてでも用意しておくべき対象です。

特にB2Bにおいては、個人の好き嫌いや衝動買いではなく、会社の予算を投下する責任が伴うため「過去の実績を参考にして出来る限り(発注する)リスクを排除したい」という関係者側の心理が強く働きます。

 

<事例を活用する、5つのメリット>

  • 実際に導入したお客様が語るので、情報の信頼性が高い
  • 商品やサービスの付加価値を顧客視点で伝えられる
  • より具体的な課題解決の方法や取り組みを伝えられる
  • 集客キーワードを盛り込みやすく、SEOに大きく貢献する
  • 導入企業へのインタビューは、関係強化やサービス改善機会につながる

 

parts_04-1

コンバージョンと閲覧されたページの関係性
(※リスティング広告からの流入は除外)

事実、業務システム販売を主事業にしている企業に協力いただき、資料請求や問い合わせなどのコンバージョンに至ったセッション内で閲覧されたページを集計・分析したところ、興味深い結果が得られました。

円グラフをみていただくと、分かりやすいように「料金表」と「事例紹介」のページ以外は全て「その他」でまとめて表示していますが、事例コンテンツがアクションの動機付けに大きく貢献していることが容易に理解できます。

ただし、同業種であっても、Webサイトの構成やその内容、全体のページ数などによって、これらの結果は大きく変わるため、あくまで一例として捉えてください。

 

mark_title 弊社が行う事例コンテンツ制作の特徴

賢明なB2B(BtoB)企業では、Web上の事例コンテンツを充実させています。
しかしながら、単にユーザーの企業規模が大きかったり有名であったり、あるいは事例掲載の了承が得られやすいということで、対象の事例が選定されていることも少なくありません。

それでも、実績を示して信頼性を上げることには一定の貢献を果たしますが、御社の製品やサービスの強みが発揮されるような事例、あるいは営業現場における勝ちパターンに準ずる事例を訴求できれば、より見込みの高い引き合いにつながる可能性が高まります。

従いまして、弊社では営業部門の関係者を巻き込みながら、事例対象の選定や訴求ポイントを明確にした上で、ユーザーインタビューの内容やシナリオを作成します。(もちろん、集客キーワードにも配慮します)

また、せっかく用意した事例コンテンツを、メルマガ配信など目的に応じた活用方法を提案することも行っています。

<弊社の強み>

  • 営業部門を巻き込んで、事例対象の選定や訴求ポイントを明確化
  • 事例コンテンツの活用方法を見据えた運用設計
  • B2B案件で経験を積んだインタビュアーやライターを確保
  • 継続的に事例制作に取り組める(比較的)安価な料金設定

 

mark_title 参考料金

  • インタビュー/ライティング・・・80,000円~
  • 解説用イラスト/図版制作・・・・10,000円~
  • HTML制作 ・・・・・・・・・・・30,000円~
  • リーフレット制作・・・・・・・・30,000円~

※制作本数に応じてご相談承ります。
※企画・ディレクション費用が別途必要となる場合もあります。
※HTML制作は定型フォーマットの利用を想定。
※リーフレットは、営業担当者が訪問先で配付できるような販促ツールです。
※インタビュー先が遠隔地の場合、担当者の交通費実費と拘束費用が必要です。
※別途、カメラマンの手配も可能です。(インタビュアーによる簡易撮影も可能)

 

button_contact

 

関連商品

  1. ホワイトペーパー制作サービス

    ホワイトペーパー(eBook)の活用で有効なリード獲得を支援します。

ページ上部へ戻る