ブログ

レポート『BtoB商材の購買活動に関する調査』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

BtoB企業において、獲得したリード(見込客)に対するナーチャリング活動(顧客育成、ニーズ喚起)を最適化するため、様々な議論や取り組みが始っておりますが、顧客基点ではない提供側の都合で一方的な情報発信が行われているケースも少なくないのが現状です。

そこで、「BtoB商材の購入を検討するお客様」が本当に求めている情報とは何なのかを理解するため、B2Bマーケティング社が独自に調査を致しました。本調査のレポートが、BtoBマーケティングに取り組む企業のご担当者に少しでも役立てれば幸いです。

button_download

【調査概要】

  1. 目  的:B2B(BtoB)企業がお客様に提供すべき情報や手段を把握し、自社のマーケティング課題を解決して頂くため。
  2. 調査対象:会社員(男女問わず)
  3. 調査期間:2012年9月5日~9月12日
  4. 調査方法:インターネットリサーチを利用
  5. 回答者数:1,292名

【結果概要】

それでは、ここで調査結果の中から幾つか紹介しておこうと思います。

Q:検討している商品やサービスの情報はどこから入手しますか?(複数選択)

report_q1

製品/サービス情報の入手先(複数選択)

【コメント】
圧倒的に「Webサイト」の情報を参考にする、という回答が多く得られました。2番目には、従来より活用されてきている「メールマガジン」が入り、活用方法によってはまだまだ成果を生み出せる余地があるように感じます。FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアに関しては、まだまだBtoC領域ほどの情報源にはなり得ていないようですが、今後無視できない要素といえそうです。

 

 

Q:Webサイトにおいて、商品やサービスを検討する際に一番参考にしているページはどれですか?(単一選択)

report_q4

Webサイトにおいて、一番参考にしているページ(単一選択)

【コメント】
「商品/サービス情報」と「価格表」で合計55%と半数以上を占めましたが、 「お客様事例」や「コラム/レポート」も一番参考にするという回答も少なくなく、競合他社との差別化を図るためにもこれらコンテンツの開発・提供が最も期待されているといえそうです。

 

 

 

Q:企業からのメールマガジンにおいて、どんな情報が欲しいですか?(複数選択)

report_q5

メールマガジンにおいて欲しい情報(複数選択)

【コメント】
メールマガジンには「商品/サービス情報」に加え、リアルタイムに受け取りたい情報として「イベント情報」を期待していることが分かりました。BtoB企業では単なるイベント告知に終始しているようなメルマガも少なからず存在していますが、合わせて「ノウハウ情報」や「お客様事例」を届けられれば、お客様のニーズ喚起を後押しする手段として有効だといえそうです。

 

 

button_download

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る