Webマーケティング

  1. MA(Marketing Automation)に最も期待されているのは「マーケティング活動の効率化」

    タイトルにあげたMA(Marketing Automation)に最も期待されているのは「マーケティング活動の効率化」、これはATOK(日本語入力システム)などのソフトウェア開発やネットリサーチ・サービス等を主事業としている株式会社ジャストシステム(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:関灘 恭太郎...

  2. BtoB企業が2017年に予算を割く見込客の獲得施策は「ブログ」と「ホワイトペーパー」

    前回もB2B(BtoB)マーケティングに関する調査レポート結果を取り上げて考察を述べましたが、今回は見込客(リード)獲得施策にフォーカスした調査結果『BtoB企業のリードジェネレーション施策 実態調査レポート2017』を参考に、多くのBtoB企業で課題となっているリード獲得施策について考えたいと思い...

  3. BtoB企業の3割超「自社の見込客(リード)件数が足りていない」実態が明らかに。

    最近、BtoB企業におけるマーケティング戦略、あるいは活動に関する調査結果の情報公開が増えつつあります。自社のマーケティング活動に課題を感じている企業担当者にとっては、施策の見直しや投資配分などの参考データとして有益な情報源ではないでしょうか。

  4. 「顧客の声」をホワイトペーパーに活かしてリード(見込客)を獲得する方法とは?

    数年以上存続している企業であれば、必ず顧客は存在しているといえます。(いわゆる幽霊会社でなければ・・)顧客(ユーザー)は、独占市場でない限り、幾つかの商品/サービスから見つけて選んでいただいた有難い存在です。

  5. 「BtoBサイトランキング 2016」トップ3の企業に学ぶ(2) ~Web会員サービス編~

    前回ブログ記事に引き続き、株式会社トライベック・ブランド戦略研究所が公開している「BtoBサイトランキング 2016」の総合ランキングで上位3社(オムロン、三菱電機、キーエンス)のWebサイトをケーススタディとして、多くのBtoB企業が学ぶべき要素を取り上げて紹介します。

  6. 「BtoBサイトランキング 2016」トップ3の企業に学ぶ(1) ~用途事例編~

    先月、株式会社トライベック・ブランド戦略研究所(http://brand.tribeck.jp/)が、法人向け企業Webサイトのビジネス貢献度を評価する「BtoBサイトランキング 2016」を公開しました。

  7. やはりB2Bサイトのモバイル対応は必須!~mobile流入の直帰率は19%改善~

    数ヶ月前に当社が行ったコーポレートサイトのリニューアルでは、いわゆるモバイルフレンドリー対応も併せて実施しました。その経験も踏まえ「B2Bサイトのモバイルフレンドリー対応を検討すべき理由」をブログでもご案内してました。

  8. 今一度、目標実現に向けた達成・評価指標(KGI/KPI)を考えよう!

    唐突ですが、15世紀半ば~17世紀半ばまで続いた大航海時代では、多くの国家・民族が未知の新大陸発見を目的に、競うように大海原へと挑戦したといいます。

  9. B2Bサイトにおけるモバイルフレンドリー対応を検討すべき3つの理由

    Webサイト経由の案件創出を期待されて、「モバイルフレンドリー対応」に投資すべきかどうかを悩まれているご担当者は少なくないのではないでしょうか。特にB2B(BtoB)の場合、ユーザーの利用シーンを想定すると、B2Cと比較して優先順位を下げているかもしれません。

ページ上部へ戻る