リード・ジェネレーション

  1. SEO対策やCVアップに大きく貢献する事例紹介コンテンツの活用

    B2B(法人間ビジネス)において、何らかの購買に関わる企業担当者が、Webを中心に情報収集を行う際に重視するコンテンツとして「事例紹介」や「ユーザーの声」があります。

  2. BtoB企業のリード(見込客)獲得/育成に活用されるホワイトペーパー

    BtoB(B2B)企業において、自社のWebサイトを公開している目的や用途はそれぞれ異なると思いますが、当然ながら何らかのビジネス成果を期待されての取り組みかと思います。そのビジネス成果の一つとして指標になっているのが、コンバージョンです。

  3. 「改正個人情報保護法」施行により、マーケティング活動において配慮すべきこと

    個人情報の有用性に配慮しつつ、個人の権利利益を保護することを目的として2005年4月に全面施行された「個人情報保護法」が約10年ぶりに改正され、本年5月30日に全面施行となりました。

  4. BtoB企業が2017年に予算を割く見込客の獲得施策は「ブログ」と「ホワイトペーパー」

    前回もB2B(BtoB)マーケティングに関する調査レポート結果を取り上げて考察を述べましたが、今回は見込客(リード)獲得施策にフォーカスした調査結果『BtoB企業のリードジェネレーション施策 実態調査レポート2017』を参考に、多くのBtoB企業で課題となっているリード獲得施策について考えたいと思い...

  5. BtoB企業の3割超「自社の見込客(リード)件数が足りていない」実態が明らかに。

    最近、BtoB企業におけるマーケティング戦略、あるいは活動に関する調査結果の情報公開が増えつつあります。自社のマーケティング活動に課題を感じている企業担当者にとっては、施策の見直しや投資配分などの参考データとして有益な情報源ではないでしょうか。

  6. MA(マーケティング・オートメーション)の活用で必須のリード獲得施策

    マーケティング・オートメーション(Marketing Automation:以下MA)というキーワードも十分認知されつつありますが、B2B(BtoB)企業に限ってみても、実際に導入して活用できている企業はいまだ少数派だといえます。

  7. 「顧客の声」をホワイトペーパーに活かしてリード(見込客)を獲得する方法とは?

    数年以上存続している企業であれば、必ず顧客は存在しているといえます。(いわゆる幽霊会社でなければ・・)顧客(ユーザー)は、独占市場でない限り、幾つかの商品/サービスから見つけて選んでいただいた有難い存在です。

  8. 「BtoBサイトランキング 2016」トップ3の企業に学ぶ(2) ~Web会員サービス編~

    前回ブログ記事に引き続き、株式会社トライベック・ブランド戦略研究所が公開している「BtoBサイトランキング 2016」の総合ランキングで上位3社(オムロン、三菱電機、キーエンス)のWebサイトをケーススタディとして、多くのBtoB企業が学ぶべき要素を取り上げて紹介します。

  9. 「BtoBサイトランキング 2016」トップ3の企業に学ぶ(1) ~用途事例編~

    先月、株式会社トライベック・ブランド戦略研究所(http://brand.tribeck.jp/)が、法人向け企業Webサイトのビジネス貢献度を評価する「BtoBサイトランキング 2016」を公開しました。

  10. やはりB2Bサイトのモバイル対応は必須!~mobile流入の直帰率は19%改善~

    数ヶ月前に当社が行ったコーポレートサイトのリニューアルでは、いわゆるモバイルフレンドリー対応も併せて実施しました。その経験も踏まえ「B2Bサイトのモバイルフレンドリー対応を検討すべき理由」をブログでもご案内してました。

ページ上部へ戻る